まりもこもこ

もこもこたる思いを書きます

【書評】意味の探求

大学時代の教授曰く、「人生についての本で、古典でないものを読みたいならとりあえずこれかなー」。

 とまあ、ちょっと自信なさげに勧められた本を、今更ながら読んでみた。

 

この本は、英国のオープン・ユニバーシティ(日本でいうところの放送大学みたいなやつ)における哲学教程のための教科書として執筆されたらしい。

 

『意味の探求』というタイトルは、「人生の意味の探求」を意味している。

この本を概要は序章に明確に書かれているので、少し長いが引用しよう。

 

 …本書の前半部(1章から4章まで)では、人生を無意味なものと考えさせやすい人生の様々な局面、苦しみや死、人類の目的に関する困難について論ずるつもりである。これらの事柄について考察することにより、私達は人生の価値やその「尊厳」に対して疑問を抱くように導かれるのだが、この点については4章、5章で論じる。人生に意味を見出すための一つの道は「自己実現」すなわち自分の本質的な性質に従って生きることである。本書の後半部(6章から10章)では、この自己実現をその主要なトピックとして取り上げる。そこでは、自然、社会、幸福、理由、自由という概念から導き出された「よい人生」を送るためにさまざまな処方箋が提示され、同時にアリストテレス、ルソー、カント、ミル、サルトルといった思想家たちの主張が再吟味される。

このようにあるが、実は少し注意が必要で、この本として「これが人生の正解ですよ」といったような明確な答えは、(残念ながら?)出てこない。

むしろ、「こういう考え方やああいう考え方があるけど、こういう問題があるので、あれもこれも正解とはいい難い」とか、「〇〇の考え方はこのような点で優れているが、この部分はダメだ」みたいな論述が結構延々と続くので、何か明確な答えを期待している人にとっては、何が正しいのだかわからなくてイライラさせられるかもしれない。

 

先述したとおり、この本はあくまで教科書である。おそらく、いろいろな思想家の考え方が浅く広く紹介し、「詳しいことは自分でさらに調べてね」というスタンスで執筆されている気がする。だから、人生論の哲学(ニッチな分野だが)の入門者が、これをササッと読んでみて、「この思想家の考え方に刺激をうけた」というものに対して、さらに学習を進めていくとよいと思う。

(そうすると、けっきょく大抵は古典に行き着いてしまうのだが笑)

 

個人的には、モーリツ・シュリックなる人物の考え方に、感銘というか共感を覚えた。

「生活に目的思考を参入させること、目的の網の目の中に取り込まれてしまうこと、それは人間が真に堕落する前兆である」(孫引き)

もし人生の意味が目的ではなく行為そのものにあるとすれば、言い換えれば、それ自身のためにあるとすれば、目的を追いかけるあまりに空虚な循環にとらわれることもなくなる(ただし、「それ自身のために」という言葉は、必ずしも判然としたものではない)。

目的のなさ、いわば「遊び」にこそ、ちょっとミソがある気がする。奇しくも、この本の一番最後は、この遊びに生きる人間、すなわちホモ・ルーデンスについて触れられている。これがこの本の一応の結論となっているので、実際に読んでいただきたい。

 

ゲラゲラ笑える阿澄さんのラジオをまとめてみる

僕はいわゆるアニメオタクでもないし、声優オタクでもない。今季のアニメを1本も観ていないことがその証左だ。

しかし阿澄佳奈さんのラジオについてに限っては、この10年間でかなり聞いてきた。世間で普通に聞ける阿澄さんのラジオ音声なら、少なくとも8割超は聞いているはずだ。これならオタクと名乗ってよい気がする。つまり「阿澄佳奈さんのラジオオタク」だ。

そういうわけで(どういうわけだ)、今回は阿澄佳奈さんの笑えて楽しいラジオをまとめてみようと思う。

 

阿澄さんのラジオの楽しさとは何か。それについては実際に聞いて感じ取ってほしい。

 

今回は独断と偏見でもって「笑い度」を単純に5段階に星をつけたいと思う。

(これは笑い方面に限ったものであって、そのラジオ全体の評価ではない。念の為。)

あと、すでに聴けなくなってしまっているものも多々あるが、それはあしからず。

 

【笑い度☆☆☆☆☆】

ひだまりラジオ・シリーズ

 http://www.aniplex.co.jp/hidamariradio/

 →皆さんご存知(?)。これは外せない。公式で全部聴ける(ラジオCD等は除く)。

  みなさん聴くべし。個人的には×365が特に好き。

アニスパ!272回

 →「浅野さんなんて声優業界から居なくなっちゃえばいいんだ!!」

 

【笑い度☆☆☆☆】

・えじけん!

鷲崎健のヨルナイト×ヨルナイト 2016年5月

アニスパ!252回

  →鷲崎健さんとの掛け合いは見事

・アニコムラジオ

 →藤原啓治さんとのラジオ

 

【笑い度☆☆☆】

 ・武装神姫RadioRondo

・ミナトタワー放送局

 →喜多村英梨さんとのラジオ

・にゃるラジ

・寝起きにポテトチップス

 →松来未祐さんとのラジオ

たまゆらじお

・ラジオどっとあい 阿澄佳奈のあすみのやすみは部屋のすみ

 

【笑い度☆☆】

・良子と佳奈のアマガミ カミングスウィート!

・あすみさん@がんばらない

・うみものらじお

 

【笑い度☆】

しゅごキャラ! じお

・GUILTY CROWN LOST XMAS RADIO COUNCIL

阿澄佳奈のキミまち!

 

以上。その他ゲスト回も含めるとまだまだあるが、とりあえずこれくらいに。

 

はてなブログ市民(銅)になった

朝起きたらこんなメールが届いてた。

f:id:autarkeia:20180626061225p:plain

どうやらはてなブログを使い続けると、こういった類の栄誉(?)がもらえるらしい。ちょっとだけうれしい。

これを新しいモチベーションとして、ぽつぽつと適度に頑張っていこうと思う。

 

はてな界隈の事情通になりたいわけではない。そういう方面に首を突っ込むではなく、マイペースに。マイペースに。。

現実よりも夢のほうが充実してる件

人の夢と書いて儚いと読むが、果たしてそうだろうか。

私はやや快楽主義者寄りなので、もし夢の中が現実よりも充実してるしているなら、ずっと眠っていたいと思う。実際休日暇なときなどは、できるだけ積極的に昼寝をしている。特に眠いわけではなく、そうしているのが一番幸福な感じがするからだ。

夢の内容は、悪夢でなければなんでもよい。重要なのは、充実感。「ああ、私は今活き活きしているなあ」と感じるのが、仕事よりも、趣味よりも、夢の中なのである。

別にこれは悲しい話ではないと思う。むしろ人生のなかで一番の要素が夢というのは、ある意味で幸福なことではないだろうか。なぜなら単純に考えて、人生のなかで最も長く費やすことのできる活動といえば、睡眠にほかならないからだ。もちろん睡眠中ずっと夢を見ているわけではないだろうが、それでもかなりの長い間、自分の好きなことに時間を費やすことができているといえる。

死んでしまったら、おそらく夢を見ることもなくなる。その間にできるだけ多くの夢を見ようとすることは、何かいけないことなのだろうか。

【夢日記】徳川家康様大大パレード

かつてこんなことがあった。

国一番の権力と実力をもっているある男が、その実力で持って空を飛んでいると、突然訪れた老衰のために墜落してしまう。激しく地面に打ち付けたが、運の良さと胆力によってどうにか生き延びた。だが錯乱してしまった男は、周囲の人々や神々が自分に十分な敬意を払っていないと感じるようになり、突然の思いつきで神政の組織に押し入り、「我は徳川家康大権現様であるぞ」と言い放つ。慌てて対応した執政官は、「徳川家康様ぁ~!?」などと吃驚仰天し、男のために大々的なパレードを催すこととなった。

そのパレードでは金銀財宝をありったけ飾り、今後の国のことなど一切考慮にいれない豪華さでもって、国中をぐるぐると周りまくるものだった。そしてそのついでに、土地土地の神々をバッタバッタと殺していくという所業も含まれていた。

これに問題意識をもった弱小の神の某は、一計を案じる。休憩所でひとり過ごしていた偽徳川家康様の衣服を奪い取り、偽徳川家康様に化けて偽偽徳川家康様になることによって、自らがパレードの主役になった。そして金銀財宝をあたり一面にぶちまけると、どういう理屈でか、疲弊した国や神々が再生していき、再び平和で安定した国が訪れるようになった。

その数千年後、神も仏もいなくなった世界で、なぜか「第二回徳川家康様大大パレード」が開催される。今度はアンドロイドが人間を抹殺していったのだ。

(その後も色々と続いた気がするが、あんまり記憶が混濁しているのでここまで)

Android携帯→iPhoneに乗り換えた。快適さと少々の躓き。

表題のとおり携帯を変えた。

今まで使っていたAQUOSたんからiPhone8に乗り換えた。

乗り換えた理由としては、

AQUOSたんがちょっとのことでカクカクしたり止まったりする(メモリ不足?)

音楽を聞きながらTwitterを閲覧したりするだけで動きがにぶくなったり、音がブチッっとなったりするのは大変いただけなかった。iPhoneならそんなことは起きないだろうと期待。

iCloudをもっとバンバン使いたい

特にメール。AndroidユーザーでありながらiCloudのメールアドレスを多用していたのだが、AQUOSたんからだとこれがほとんど使えなかった。iPhoneiCloudが使えないわけはなかろう。

③ApplePayの登場でおサイフケータイの必要性がなくなった気がした

AQUOSたんにしてからは、コンビニ等ではおサイフケータイでシャリーン(楽天Edyの音)とすることが多くなった。近頃はApplePayが登場してiPhoneでも電子決済ができるようになったので、あえてAndroidを持つ理由がなくなった(気がしてた)。

 

以上3点くらい。

 

実際にちょっと触って

 ①と②に関しては、完全に解決した。

動作はサックサクだし、iCloudは問題なく使えた。

 

問題は③。

おサイフケータイとApplePayを、「どっちもFelicaだしサービスも一緒やろ」と思っていたのが失敗だった。

まず第一に、iPhoneでは楽天Edyが使えない。しかも楽天Edyは払い戻しできない。

そのため、旧端末であるAQUOSたんに残高が残ることになってしまった(9000円分くらい)。まあ、その残りの9000円はAQUOSたんで消費すればよいわけだが、うーん、という感じ。

第二に(第一と似ているが)、e-AmusementPass(コナミアーケードゲームで使用するカード。通称eパス)が、使いづらいっぽい点。詳しくはこの記事とかを参照してほしいのだが。要はApplePayのWalletの中のSuica経由でないと使えないっぽいのだ。これなら持ってるmanaca使うわ。

第三に、決済の方法がおサイフケータイと比べて若干面倒。おサイフケータイは、本当にかざすだけでよい。それに対してApplePayは、①画面を起動して②ホームボタンをダブルタップして③かざすという手順が必要になる。小銭を出すよりはマシだが、しかしいままでと比べるとかなり面倒になった感がある。

ざっとこのくらいの不満点があった。すべてにおいて、私の調査不足が原因なんですけどね、はい。

 

いろいろと言いましたが、このiPhone8ちゃん。大事に使っていきたいと思いまする。

一歩踏み出さないルール

いまここで、目の前にいる上司の前髪を毟ってみたらどうなるだろうとか。あるいはまた、駅のホームで待っているときに一歩大股で、線路側に踏み出してしまったらどうなるだろうとか。

こんなふうに、物理的にはそれを為すのはとても簡単なんだけど、精神的にはものすごいパワーが必要なことってありますね。そして、だからこそ私達の世界は成り立っているんだなあ、と感心してしまうことがたくさんありますね。

会社の休憩室の窓からは、とても大きな交差点が見下ろせる。そこでは数センチ数ミリの自動車が、ぶつかることなく行き交っている。自動車ひとつひとつに乗っているのが、ちゃんとひとつの意志をもった人間。みんながみんなぶつからないように、ある規則に従って、しかもちゃんとぶつからないでいる。すごいなあ。気持ち悪いくらいだなあ、と思ってしまう。

それにひきかえ、都会の道を歩けば、いろんな人にぶつかりそうになる。実際にぶつかる。舌打ちされる。嫌な気持ちになる。

この違いって、なんだろうと考えたとき。その答えは、やっぱり拘束力のあるルールの有るか無いか、なんだろうと思う。みんながみんな適切なルールにしたがって歩けば、きっともっと、ビルから見下ろす自動車たちのように、平和にぶつからずに済む。

でもなぜだろう、それはそれで、嫌だなあ。